ステージタイムテーブル

 

出演者紹介

 

藤村忠寿 (ふじむら ただひさ)*写真左
1965年5月29日生まれ。テレビディレクター。愛知県出身。

嬉野雅道 (うれしの まさみち)*写真右
1959年7月7日生まれ。テレビディレクター、プロデューサー、カメラマン、脚本家。佐賀県出身。

「水曜どうでしょうトークライブ」

1996年に北海道ローカルで放送を開始したバラエティ番組「水曜どうでしょう」そのディレクターを務める。地方ローカル番組としては異例の全国放送やDVDの全国発売、写真集発売など多岐にわたって事業を展開。
両ディレクターが全国を周り、「どうでしょう藩士」と呼ばれるファンとの交流を深める「水曜どうでしょうキャラバン」は毎回人気のイベントなっている。

水曜どうでしょうオフィシャルサイト
https://www.htb.co.jp/suidou/



樋口了一(ひぐちりょういち)
1964年2月2日生まれ。シンガーソングライター。熊本県出身。
’93年「いまでも」で、東芝EMIからデビュー。
’03年3月“水曜どうでしょう”のエンディングテーマ「1/6の夢旅人2002」をCDリリース。
インディーズながら12万枚を売り上げる。その後、テイチクエンタテインメントより、‘08年10月「手紙」~親愛なる子供たちへ~を、’10年2月 アルバム「よろこびのうた」リリース。

’09年2月「手紙」を届ける、ポストマンライブスタート。
「手紙~親愛なる子供たちへ~」で日本レコード大賞優秀作品賞、日本有線大賞有線音楽優秀賞を受賞。’12年2月シングルTegami~Carta aos meus fihos amados~リリース。

’12年11月にリード曲“のぞみ”を含むアルバム「了~はじまりの風~」リリース。CD「手紙~親愛なる子供たちへ~」は16万枚を超えるヒットとなる。

熊本地震に被災後、支援ソング「小さき花の歌」配信開始。
アーティスト活動のかたわら、SMAP や郷ひろみさん、石川さゆりさん などに楽曲を提供。
ちょうど、代表曲「手紙」が大きな反響を呼んだ時期と重なるようにギターが弾きにくくなったり、声が思う様 に出せなくなったり、と体に異変を感じ、整体、鍼、整形外科、かみ合わせ、神経内科等々14カ所もの病院へ行っても原因がわからないという経験をする。
その後パーキンソン病と判明。現在は病気と向き合いながら活動を続けている。

先の熊本地震の復興ソング、「小さき花の歌」をテイチクエンタテインメントヨリ、配信でリリース。


古澤剛(ふるさわたけし)
1983年、大分県竹田生まれ(34歳)
中学3年の時に、友人の影響でギターを弾きはじめる。高校卒業後、福岡で5年間過ごし、その後、25歳で上京。インディーズにて2枚のアルバム「BIRTH-DAY」(2013年)、「Dear My Friend」(2015年)をリリース。2016年春、ラグビー日本代表の五郎丸選手らを起用したTV-CM「バイトル」(ディップ)のCMソングとして、古澤剛が歌う「仲間だろ」が起用され、iTunesランキングで6位(5/12)に入るなど話題。シングルCD「仲間だろ」が、5/13にインディーズより発売された。同年9月にはテイチクエンタテインメントよりシングル「Color」がリリース。 2017年 1月の箱根駅伝から日本ハムの企業CMにおいて「Color」が起用された。全国でCMオンエア。同年9月には初めてのホールライブ「夢であいましょう」をコブクロの小渕健太郎をゲストに迎え渋谷マウントレーニアにて開催。 2018年 1月の箱根駅伝から再度日本ハムの企業CMにおいて「キミノチカラ」が起用された。上記,小渕健太郎との共作曲「天の川」と「キミノチカラ」2曲を3/14に両A面でシングルリリース(HPはこちらから)

youtube TAKESHI FURUSAWA CH.にて「音楽準備室」を生配信中です。

2019年 再々度日本ハムの企業CMに「キミノチカラ」アコースティックバージョンをふくめ起用される。現在全国でOn Air中。SBSラジオをはじめ全国他5局で「古澤剛の音楽的放浪記」On air 中

★「歌ワゴンで全国ライブ実施中!」
バイトルTV-CMソング「仲間だろ」発売に合わせ、全国をワゴン車で廻るライブ活動を展開!「古澤剛・歌ワゴン~日本全国仲間だろ!」

————————————–

27662116_1717332811683926_1897498738_n

庄司恵子

宮城県仙台市大倉定義出身。
実家は、ケンミンshowでも放送された、あの有名な「あぶらあげ屋」である。楽天Kスタ時代から幾度に渡り、国歌斉唱を務め、“勝手に応援歌”として作られた「イーグスル音頭」は、今や球団の公式ソングに負けない程、親しまれている。

庄司恵子の「標準語」として語られる“ズーズー弁”が、人々の心を鷲掴みにし、民謡歌手でありながらその舞台は笑いにあふれ、地元密着型の歌手として幅広い年齢層に親しまれる。「民謡は日本のジャズだっちゃ!」をテーマに、これからも多くの方々に、民謡の魅力を伝えて行きたいと歌手活動を続けている。

庄司恵子とその娘たらさわかすみオフィシャルサイト
http://www.syoji-keiko.com/

————————————–

大森靖子

超歌手。新少女世代語彙力担当。
型破りというより型などいらん、なぜなら”超”歌手だから。
アイドルじゃないのにアイドルフェスにでたり、フジロックのステージにアイドルをあげて一緒に歌ったり、自殺防止イベント、花見、そのへん、寺、映画をつくり映画館を巡るなど、だいたいどっかでギター一本持って歌い毎日をゲラゲラ手作りしていると知名度が上がりメジャーデビュー直後2014年11月26日、道重さゆみさんモーニング娘。卒業。2017年道重再生するやいなや大森靖子自身体調も気分もお人柄もよく大絶賛活動中。

楽曲提供、『ビバラポップ!』フェスプレゼンター、バンド新🌏z(シン・ガイアズ)、ミスiD審査員、”Zone Out of Control=孤独を孤立させない” をコンセプトに”共犯者”としてメンバーと共にステージに上がりながらプロデュースする『ZOC』始動。
日替わりナナちゃんコレクションシール配布、DM神社、子育て連載、エッセイ本『超歌手』(毎日新聞出版)の刊行など、多方面に渡り常に1対1の愛の才能を発揮。

2019年3月13日、シングル『絶対彼女 feat.道重さゆみ』を発売する事を発表、6月には『超歌手大森靖子2019 47都道府県TOUR”ハンドメイドシンガイア”』と題し、まさに“全国ツアー”を開催する。

————————————–

SCK GIRLS

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市に、活気と笑顔を取り戻そうと2011年に結成されたご当地アイドルユニット。

歌うことで、支援を寄せてくれた全国の方々に感謝の気持ちや、気仙沼の今の現状を伝える復興へのメッセンジャーとして全国に向け想いを発信しています。

2015年にはももいろクローバーZとの共演を果たし、2016年3月にはSCKGIRLSがモデルとなった小説【気仙沼ミラクルガール】も発売!

市内外、県外問わず、活動開始から450本以上の復興イベントやアイドルイベントでのステージに出演し気仙沼市のPR役として活動中。

————————————–

BAILA ONAGAWA

マミーニャ & フラメンカ Mami Hisada & Flamenca カンテ:KG ギター:ZIMA

フラメンコ舞踊家の久田麻実とフラメンコチーム。2013年7月からボランティアで応援を続けてきた。3年ぶりのステージで復活。今回は少人数でのミニライブで女川へエールを送ります。Ole! ONAGAWA!!