庄司恵子

民謡歌手 庄司恵子 プロフィール

宮城県仙台市大倉定義出身。実家は、ケンミンshowでも放送された、あの有名な「あぶらあげ屋」。
楽天Kスタ時代から幾度も国歌斉唱を務め、“勝手に応援歌”として作られた「イーグスル音頭」は今や球団の公式ソングに負けない程、親しまれている。
庄司恵子の「標準語」として語られる“ズーズー弁”が、人々の心を鷲掴みにし、民謡歌手でありながらその舞台は笑いにあふれ、地元密着型の歌手として幅広い年齢層に親しまれる。
「民謡は日本のジャズだっちゃ!」をテーマにこれからも多くの方々に民謡の魅力を伝えて行きたいと歌手活動を続けている。